ひとめぼれスタジアム宮城 各施設の利用案内

ひとめぼれスタジアム宮城

名称 宮城県総合運動公園宮城スタジアム
愛称 ひとめぼれスタジアム宮城
事業費 約270億円
工期 平成8年10月~平成12年3月
(一部平成12年5月)
利用時間 9:00~17:00(個人利用)
※終了時間の1時間前が最終受付時間となります。
第1種陸上競技場
助走部 400m×9レーン(全天候舗装型)
芝生 洋芝1種 107m×71m
ひとめぼれスタジアム宮城

ひとめぼれスタジアム宮城は、グランディ・21の中心に開かれた競技場を目指して建設。

トラックは、1周400メートル、9レーン、全天候舗装、第1種公認陸上競技場となっている。 フィールドの部分は、宮城の気候に合わせた天然芝(洋芝)が3種類植え込んであり、 サッカー・ラグビー・アメリカンフットボールといった大規模競技を行うことも可能。

デザインにも特徴があり、約5万人収容できる観客席の2/3を覆う大屋根は、 仙台藩主 伊達政宗公の兜飾りの三日月をデザイン化したものになっている。

2001年は第56回宮城国体・秋季大会および第1回全国障害者スポーツ大会のメイン会場として、 2002年にはサッカー ワールドカップの1会場として、国内外問わず、多くの方々にご利用、またはお越し頂き、 まさに新世紀のスポーツの大きな拠点を担う施設としての役割を果たしている。

ひとめぼれスタジアム宮城/補助競技場

利用時間 9:00~17:00
※終了時間の1時間前が最終受付時間となります。
芝生 高麗芝 100m×67m
第3種陸上競技場
助走部 400m×8レーン(全天候舗装型)
ひとめぼれスタジアム宮城/補助競技場画像

ひとめぼれスタジアム宮城/投てき場

利用時間 9:00~17:00
※終了時間の1時間前が最終受付時間となります。
第3種陸上競技場
芝生 高麗芝 74m×140m
ひとめぼれスタジアム宮城/投てき練習場画像

座席案内

下の図のEA~EG、NA~NE、SA~SE、WA~WLをクリックすると、そのブロックの拡大図が、別ウィンドウで表示されます。

ひとめぼれスタジアム宮城全体図
JavaScriptコンソール(開発時のみ使用)